ファリネを顔に使ってみたその効果とは?

ファリネを顔に使ってみたその効果とは?

顔汗がひどいと、暑い時期になると顔から汗出るので、目に入るし、メイクが落ちてしまう。

 

私は手汗だけでなく、顔汗も出やすい体質なので、なんとかしようと考えていました。

 

そこで思ったのが、ファリネは顔にも効果があるんじゃないかということ。

 

でも口コミやレビューを見てもファリネを顔に使っている人っていなかったんですよね。

 

そこで実際にファリネを顔に使ってみて効果があるのかどうかを検証していました!

 

ファリネは顔に効果的か?

 

まず実際にファリネを顔に塗る前に成分的に効果があるのかどうかを調べてみました。

 

汗が出る小さな穴のことを汗腺と言います。

 

汗腺は毛穴よりも小さく、約60〜80ミクロン程度の大きさしかなく、肉眼では確認できない大きさです。

 

汗腺にはアポクリン汗腺とエクリン汗腺の2種類があります。

 

アポクリン汗腺は脇の下や性器、耳など特定の場所にしかない汗腺で、汗は白くどろっとしているのが、特徴でワキガの匂いの原因はアポクリン汗腺から出る汗です。

 

エクリン汗腺は、全身に張り巡らされている汗腺で、主に体温調整を目的に出てくる汗です。匂いもほとんどなく、味は塩気があるサラサラとして水気のある汗です。

 

つまり、手汗や顔汗はこのエクリン汗腺から出る汗なのです。

 

ファリネはこのエクリン汗腺に作用し、汗を止めます。

 

そのため、原理上、ファリネは顔にも効果的といえます。

 

しかし、あくまで原理上の話。

 

では実際にファリネを顔に塗って効果を試してみました!

 

ファリネを実際に顔に使ってみた感想

 

それでは実際にファリネを顔に塗った感想をレポしていきます。

 

まず、ファリネをパフにつけます。

 

 

そして顔全体にパッティングしていきます。

 

特に私はおでこと鼻の頭から汗が出やすいので、重点的に塗っていきます。

 

 

今回は化粧をした後に使ってみましたが、ファンデーションと喧嘩することもなく、
比較的に馴染みやすいのが、印象的でした。

 

また、無香料なので、鼻もツンとしないですし、香水と混ざり合う心配はありません。

 

そして、一番気になるのは、その制汗効果ですよね!

 

実際にファリネを顔に使ってみた所、
普段だったら料理中に滲んでくる額や鼻の頭からの汗が引いていたのが分かりました。

 

即効性があるのがいいですね!

 

ファリネを顔に使うおすすめのタイミングは?

 

1.メイクの前に

 

メイク後にファリネを塗るよりもメイク前にファリネを使ったほうが効果があるかなとおもいました。

 

ファンデーションがエクリン汗腺の上に覆いかぶさってしまうと、ファリネの成分がエクリン汗腺まで行き届きません。

 

なので、顔を洗って化粧水と乳液で肌をケアした後に、ファリネを使うようにしましょう。

 

ファリネのパウダーは細かいので、塗った後でも化粧ノリは特に変わりませんでした。

 

2.大事な場面の前に

 

手汗同様、緊張や興奮、ストレスを感じる場面では顔汗は出やすくなってしまいます。

 

私はプレゼンの時など緊張するときは顔汗がかきやすい場面では、軽くファリネを塗ってから臨むようにしています。

 

まとめ

 

このように手汗用の制汗剤として販売されているファリネですが、
実際には、顔にも使ってその効果を実感することができました。

 

もちろん、汗が出る原理は手や顔など体全体同じなので、
脇や汗にも効果がありそうですね!